top of page
アイデンティティー・パートナーズロゴ

心理的安全性がない職場が失っている重要なメリット

更新日:2023年10月16日


心理的安全性がないとこうなる

心理的安全性は、今やビジネス場面ではわりと普通に使えるほど定着してきています。それだけ関心が高く「それあるよね」と共感される言葉なのでしょう。


この記事では「心理的安全性がない職場が失っている重要なメリット」について解説します。一般的に言われているメリットではなく、自分の体験から「意識されていないけどじつは重要」だと思ったことを深掘りしました。


 

【 目 次 】

 


心理的安全性とは?


心理的安全性とは

組織の中で誰に対してでも安心して発言や行動がができる状態のことです。ハーバード大学のエイミー・C・エドモンドソン教授が提唱した概念で、以下のように定義されています。

「チームは、対人関係のリスクをとっても安全な場所であるとの信念がメンバー間に共有された状態である。」

Google社が2012~2015年までの4年間に行った生産性向上のためのプロジェクト「プロジェクトアリストテレス」で、労働生産性を向上させることが突き止められ注目されるようになりました。


心理的安全性のメリット


職場が「対人関係のリスクを取っても安全な場所」になること。これが一般的に言われる心理的安全性のメリットです。


具体的には以下のようなことが言われています。

  • 立場を忖度せずに発言、行動ができる

  • 質問、意見、コメントなどが出やすくなり、アウトプットの総量も増える

  • アイデアが飛び交い、イノベーションが起こる確率も上がる

  • 個人のポテンシャル向上につながる

  • 離職率が低下する


職場にも個人にもたしかにメリットがありそうですね。


でも個人的に最大のメリットだと思うのは、イノベーションやポテンシャル以前に「仕事に集中できるようになること」ではないかなと思っています。



安全でなければ集中できない


安全でなければ

「心理的安全性がないと仕事に集中できない」とはどういうことか。ここからはループ図を使って説明します。


仕事でも会話でも自分の行動があって相手の反応がある。これが基本のループです。このループがどんどん回るのが心理的安全性が高い状態と考えます。



もし自分の行動に対して攻撃的な反応が返ってきたらどうなるか。



次から「こうしたら、ああなるだろうなぁ。。。」と 好ましくない未来を考えてしまいませんか?



青い線は自分の頭の中だけの動きです。このループを「脳内リハーサル」と呼ぶことにします。



勝手に回り出す負のループ


リハーサルの結果、それでもがんばって行動を起こす場合もあるでしょうが、あまりにひどい攻撃が予想されるなら、一周回って「なにもしないでおこう」となります。当然ですね。



その結果、アウトプットが乏しく、アイデアも情報共有も少なくなるのですが、ことはそれで終わりません


何度も攻撃されてリバーサルが強化されると、起こってもいないことでも「こうしたらああなるだろうなぁ。。。」と常に考えるようになってしまいます。


わたし自身が心理的安全性が低めの職場にいたときは、通勤時から退社するときまで、この青いループがぐるぐるとエンドレスで回っていました。


ただ回っているだけならいいんですが、このループは脳の容量とエネルギーをはなはだしく食います。重いソフトを使っているときに音を立てながら動くパソコンのような状態です。


考えているのは余計なことなので、容量もエネルギーも無駄に消費されていきます。そんなことをしながらも他の業務は同時進行で進んでいますね。



ループが回れば回るほど、他の仕事にも影響が出ます。集中できていないので、ミスも発生するでしょう。ただ作業するだけなのに体が重くてやる気が出ないなんてこともあります。



青い脳内リハーサルのループさえ回らなければ、通常のループが軽快に回ってくれます。つまり自分の仕事に集中できる。これがわたしにとって心理的安全性でいちばんのメリットです。



まとめ


以上、「心理的安全性がない職場が失っている重要なメリット」について解説しました。


なければ基本的な業務に支障をきたすものなので重要なのは間違いありません。いっぽうで目に見えにくく状態がわかりづらいのがツライところです。


人は言葉でウソをつきますが、行動は正直です。メンバーの行動を見ていれば、心理的安全性を感じてくれているのかどうか手がかりになると思います。


この記事を書いた人 加藤 久佳(かとう ひさよし) SBIビジネス・イノベーター株式会社 「わたし・みらい・創造センター(企業教育総合研究所)」

マーケティング担当


コメント


bottom of page