top of page
アイデンティティー・パートナーズロゴ

分かり合えない部下と上司のための「対話メソッド」

「若手に『辞めます』と言われて、はじめて仕事に納得感がなかったと知った」

「若手となかなかうまく理解し合えない」

こんなことを日々なんとなく感じているあなたへ。

シンクタンクの所員として、「どうやったら部下・メンバーと分かり合えるのか」と質問を受けることが多いです。この資料では「分かり合えないと感じているチームメンバーと、どのような関わり方をすれば分かり合えるようになるのか」をお伝えしていきます。

これは上司と部下、双方の問題です。どちらかががんばれば解決するものではありません。したがって本資料では、各パートにおいて上司と部下、それぞれからの考え方やアプローチを記載しています。

最終的に作っていくのは「環境」なのですが、それをどう作っていくのかを解説した資料となっております。 「上司と部下のコミュニケーションは事務的にやらざるを得ない」と思っている方はとくに読んでみてください。

<目次>

00 はじめに

01 上司と部下のすれ違いはこうして起きていく

02 分かり合えないと感じる瞬間・場面

03 「分かり合えない」から「ちょっと分かるかも」へ

04 「対話メソッド」で最初にやるべきこと

05 まとめ

<こんな方へお勧め>

  • 組織マネジメントを向上させたい方

  • 上司と部下の間に壁があると感じている育成担当者

  • 対話が重要と理解しているけど組織・チームが良くならないとお困りの方

bottom of page