top of page
アイデンティティー・パートナーズロゴ

組織にとってなぜいま対話が必要なのか?~「対話」について考える~



今回は、組織力をあげるコミュニケーション「対話」について考えます。


 

【 目 次 】

 


なぜ組織にとって対話が必要?


対話は組織にとって極めて重要な要素です。組織内外の関係者との対話を通じて、情報の共有や意思疎通が円滑に行われ、効果的な意思決定や問題解決が可能となります。さらに、対話は単なる一方的な情報伝達ではなく、双方向のコミュニケーションを促し、関係の構築や信頼の醸成にも寄与します。


組織内での対話は、部門間や階層間のコラボレーションを促進し、チームの連携や効率を高める役割を果たすほか、社員同士や上司と部下の間での対話は、モチベーションの向上や仕事の質の向上につながります。さらに、組織のビジョンや価値観を共有するための対話は、メンバーの結束力を高め、組織文化の形成にも影響します。


また、組織と外部のステークホルダーとの対話は、顧客のニーズや要求に対応するための重要な手段です。顧客との対話を通じて、商品やサービスの改善点や新たなニーズを把握し、顧客満足度を向上させることができます。同様に、取引先やパートナー企業との対話は、信頼関係の築き方や共同事業の成功に不可欠です。


組織にとって対話は単なるコミュニケーション手段ではなく、戦略的な活動として位置づけられるべきです。対話を重視することで、情報の共有や意思決定プロセスの透明性が高まり、組織全体のパフォーマンスや成果を向上させることができます。そのため、組織は対話を奨励し、適切な環境やツールを提供することが重要です。



対話のメソッドを構成する3つの要素



わたし・みらい・創造センターで考察された「対話のメソッド」は、組織の推進力や創造性につながる対話を実現するために必要な条件を定義したものです。このメソッドは、意識づくり、能力づくり、環境づくりの3つの要素で構成されており、これらが機能することで対話を通じて意味の深まりや現場の推進力・創造性の向上が期待されます。


意識づくりでは、対話のゴールやテーマを明確に定めることが重要です。参加者が共有する対話のテーマや、対話によって期待する状態を明確にすることで、対話の方向性を明確化します。また、対話の役割も確認し、話し手と聴き手、アドバイス役などの役割を明確にすることが重要です。複数人で行われる場合には、対話ファシリテーターが役割を果たすことが必要です。さらに、対話の進行におけるルールを合意し、感情の共有、積極的な参加、違いの尊重、発言には理由があることなどを取り決めます。


能力づくりでは、対話を効果的に行うための技術を磨くことが重要です。話し方には、わかりやすく説明するための技術が含まれます。フィラー(あいまいな表現)、コネクティブ(接続語)、サブジェクト(責任主語)の使用などが効果的です。聴き方では、違いや共通点を理解するための技術を開発します。傾聴(アクティブリスニング)や質問(意味の確認)などが重要です。また、繋ぎ方では、意味を発展させるための技術を磨きます。ポリフォニー(話の繋ぎ合わせ)を行うことで、対話の流れを促進します。


環境づくりでは、対話が円滑に進む環境を整えることが重要です。心理的安全性を確保し、話しやすい雰囲気を作ります。全員が参加しやすくなるように発言の偏りを整え、発言機会を均等にします。また、前向きな雰囲気を醸成し、現状の雰囲気を確認しあうことも重要です。対話する組織の推進を図るためには、多面的な視点を持つことも必要です。自己、他者、社会の視点を切り替えながら物事を考え直すことが求められます。また、対話の途中で自由に考えや疑問を出し合う環境を整えることも重要です。


これらの意識づくり、能力づくり、環境づくりの要素が組織内で機能することで、対話を通じて意味の深まりや現場の推進力・創造性の向上が期待されます。組織がこれらの条件を整えることで、対話を活用したより良い結果を生み出すことができるでしょう。



まとめ


以上のように、組織内で対話がうまくいくようになるためには、意識づくり、能力づくり、環境づくりの向上などが必要です。これらの条件を整えることで、対話を通じてより良い結果を生み出すことができます。

​▼この記事を書いた人

佐藤 純子(さとう じゅんこ)

「わたし・みらい・創造センター(企業教育総合研究所)」

センター長


Comments


bottom of page