top of page
アイデンティティー・パートナーズロゴ

人材育成のマネジメント方法を徹底解説!大切な3つのスキルも紹介


自己認識の差で職場の働き方が変わる

人材育成のマネジメントは、企業にとって大切な課題です。理想的な人材を確保することにより、企業は成長へと向かっていきます。


今回は、人材育成の適切なマネジメント方法について徹底解説します。マネジメント力を上げる方法や必要なスキルも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


 

【 目 次 】

 

人材育成のマネジメントとは?


人材育成マネジメントは、企業の成長に必要な理想の社員を育てる施策を練ることを指します。企業が大きく成長するためには、拠点や従業員数の拡大といった規模の成長はもちろん、社員のスキル向上やブランド力、企業風土の向上といった会社の質も大切です。

ただ、どれもすぐに結果が付いてくるものではありません。とくに人材育成は教育の仕方によって育つ人材が異なってくるうえに、やり方によっては離職率の増加に繋がってしまうので、どのようにマネジメントするかが重要なポイントになります。




人材育成の必要性


企業を成長させるには、社内教育ではなく社外からの採用や企業風土の向上などに力を入れた方が良いのではないかと考える人もいるかもしれません。しかし、現在の日本国内は少子高齢化社会が進んでおり労働人口の減少が加速している状況です。

採用に力を入れても優秀な人材は良い条件の会社へと流れていってしまうため、人材確保は難しくなっています。また人材育成は社員のやりがいにも関わってきます。離職を避けるためにも、質のいい人材育成は欠かせないのです。




人材育成マネジメントの基本的な方法


ここからは人材育成マネジメントの方法を紹介します。


目的を明確にする

人材育成では、まず目的を明確にすることが大切です。開始する前にどのような人材が育ってほしいかを考えます。

このとき、誰が見てもわかるような具体的な指導計画書を作っておくと良いでしょう。マネジメントの担当者が変更になった際に、それまでの育成が途絶えてしまうからです。

社員の特性に合わせた教育を行う

人材育成はそれぞれの特性を知ったうえで行うことが大切です。持っている特性は人によって異なります。だから個々が能力を発揮して働けるように教育するのが理想です。たとえば、リーダーになる人を育てたいと思っていても、対象の社員がリーダーにはなりたくないと思っていたら育成は失敗するでしょう。社員の能力や気持ちをよく見極める目が必要です。



OJTとOff-JTを上手に活用する

人材育成の手法には、主にOJTとOFF-JTの2種類があります。


 

OJT

On the Job trainingの略で、先輩社員が実際に仕事を通して新人を教育する方法です。教育を通して、職員同士のコミュニケーションも活発化するので信頼関係を構築しやすいというメリットがあります。また、実際に業務を経験できるので仕事上でやりたいことや目標を具体的に見出しやすい点も大きな魅力です。


 

Off-JT

Off The Job Trainingの略で、職場外で行われるセミナーや研修を通じて、仕事に必要な知識やスキルを身に付けられます。OJTは実際の業務を通じた教育なので教えられる側もイメージがつきやすいですが、教育者によって指導の仕方にムラが出るのが欠点です。Off-JTは教える人が同じなので、均一な知識やスキルを身に付けられます。





人材育成マネジメントに必要な3つのスキル


人材育成マネジメントには、主に以下3つのスキルが必要となります。


  • コミュニケーション能力

  • 現状把握能力

  • 目標設定・管理能力


上記について、順に詳しく解説します。



コミュニケーション能力

人材育成において、すべての基盤となるのがコミュニケーション能力です。相手の理解度の確認や心の状態を知ることができます。

コミュニケーション能力は関係構築にも有効です。相手との間にしっかりとした関係ができていれば、間違いなどの指摘も受け入れられやすくなります。



現状把握能力

コミュニケーション能力の延長線上にあるのが現状把握能力です。育成がうまく進んでいるかコミュニケーションをとりながら判断し、必要ならば打ち手を考えます。



目標設定・管理能力

具体的なゴールがなければ、求めている人材は育ちません。そもそもどんな人材を求めていたのかもわからないはずです。思った通りの人材が育っているのか評価するためにも、目標を設定し管理する能力は必要です。




コミュニケーション能力を上げるには?


「人材育成はコミュニケーションを取ることから始まる」と言ってもいいくらい、コミュニケーションが重要です。コミュニケーションというと、「相手に伝えること」をイメージしがちですが、むしろ大切なのは「相手からの情報を受け取ること」。伝えたいことがあるなら、まずはしっかりと相手の話を聞く姿勢を示しましょう。

言葉だけではなく表情や身振り、声のトーンなどの非言語コミュニケーションもポイントです。これらは自分が思っているよりできていないものです。苦手だなと思う人は、普段から意識してややおおげさにするくらいでちょうどいいでしょう。




まとめ


今回は、人材育成のマネジメントについて詳しく解説しました。少子高齢化が加速する日本では、採用ではなく社内の人材育成に力を入れていかざるを得ません。

会社としての目標を達成するためにはどのような人材がいるとよいか考え、指導者が途中で変更となっても良いように理想の人材について情報共有しておきましょう。個々の社員の特性を理解したうえで、全員が能力を発揮して気持ちよく働けるような人材育成を行ってください。

Comments


bottom of page