top of page
アイデンティティー・パートナーズロゴ

優秀な部下を育成するための上手なマネジメント方法を徹底解説!

更新日:2023年10月16日


優秀な部下を育成するマネジメント

「部下が全然仕事を覚えられない」「部下とうまく連携が取れない」など部下のマネジメントに悩みを抱えていませんか?


今回は、部下が優秀な人材に成長するマネジメント方法を徹底解説します。マネジメントを行う際の大切なポイントも紹介するので、部下の育て方で悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。



 

【 目 次 】

 

部下のマネジメントとは? 意味を解説



「マネジメント」は、管理業務を指した言葉です。業務に対する分析・評価を行い、改善や今後の計画立案を行うことが主な業務とされています。


マネジメントの対象を部下に置き換えると、部下の特性を理解して能力が発揮できるような業務や役割を与えて管理することになります。


組織の拡大には部下の成長が必要不可欠です。したがって上司のマネジメント能力が事業成長の鍵と言えます。



リーダーシップとの違い


マネジメントと並べて語られることのある「リーダーシップ」。両者の違いがわからない人もいるかもしれません。


リーダーシップとは、先陣を切ってチームを目標達成に向かって引っ張っていく力のことです。部下に指示や評価をするだけではなく、「自ら動く姿勢を見せること」と言ってもいいでしょう。


人は言葉だけでは動きません。ときに「見せる」ことも大切です。「あの人についていこう」と思ってもらえたら、自然とチームはまとまります。チームを運営していくためには、マネジメントだけでなくリーダーシップ能力も必要です。



部下の成長を促すマネジメント方法



部下を成長させるために効果的なマネジメント方法について詳しく見ていきましょう。



目標を設定する


部下に仕事を任せる際には、目標を設定することが大切です。あらかじめゴールを伝えましょう。これにより部下も不安なく、仕事に全力で取り組めるようになります。



指導をする


部下に仕事を任せる際、すべてを丸投げするのはおすすめしません。慣れないうちはサポートが必要です。


部下が安心して仕事に取り組めるよう、必要に応じて状況の確認をします。目標達成までの方向性がずれていれば指導など行い、任せっぱなしにしないことです。



部下の意見も積極的に取り入れる


部下に意見を求めることはあまりないかもしれませんが、自信をもってほしいならやってみるのがおすすめです。


意見を聞いて積極的に取り入れると、部下は「自分のことを認めてもらえた」「貢献できている」と思うようになります。自信は積み重ねでしか生まれません。小さな行動を積み重ねていきましょう。



相談しやすい環境作りに務める


悩みごとを抱えていたとしても、部下は上司に相談しにくいものです。上司にできるのは、相談しやすい環境作りをすること。具体的には軽い声かけなど普段から小さな接触を高頻度に行います。


不安や悩みを相談できる環境は安心感につながり、業務に対しても積極的に取り組めるようになります。結果的に主体性が育っていくのです。



定期的にフィードバックを行う


部下の仕事に対してフィードバックすることも大切です。フィードバックにより、部下なりに自分の良い面・悪い面を明確にできます。自身に不足している部分がわかると、改善に向けて努力する方向性も見えてきます。定期的なフィードバックは非常に大切です。



部下のマネジメントをする際に大切な5つのポイント



部下のマネジメントをする際に気を付けるべきポイントを5つ紹介します。



注意やアドバイスは1対1で行う


指導をする際は、できるだけ部下と1対1で行いましょう。他の人がいる前だと部下に「恥をかいた」という気持ちを抱かせてしまう可能性があるためです。


人によっては指導の際につい感情的になり怒鳴ってしまうケースもあるようですが、怒鳴るのは禁忌。大勢の前で怒鳴るのはもってのほかです。部下はミスを恐れて何もできなくなってしまいます。


自身の感情を落ち着けてから1対1になれる場所で冷静に話し合いましょう。



コミュニケーションを積極的に取る


もし部下と話すのが業務の報告、連絡、相談だけだったら、部下との関係構築はいつまでたってもできません。部下との良好な関係はすべての業務の基盤です。だからコミュニケーションが重要なのです。


業務連絡だけでなく、日頃からコミュニケーションを積極的に取るようにして話しやすい関係性を築きましょう。どうでもいい話ができるなら、ひとまず合格です。



余裕を持つ


部下の成長が遅くてもイライラしない、ある程度ゆっくり見守ってあげるスタンスをもちましょう。この先どうなったら動くのか、あらかじめ決めておくと心に余裕がもてます。



リーダーシップを磨く


部下のマネジメントでは、リーダーシップスキルも大切です。リーダーシップ能力が高い上司は、部下との信頼関係も築きやすいとされています。


信頼関係なくしてマネジメントがうまくいくことはありません。率先して行動する姿勢を見せ、リーダーシップを取っていくことが大切です。



まとめ


今回は、部下を成長させる上手なマネジメント方法について解説しました。優秀な部下が育つかどうかは、上司のマネジメント能力にかかっています。


マネジメントの成否には、部下との信頼関係が重要です。仕事で必要なことしか話さないようでは良好な関係性は築けません。日頃から積極的にコミュニケーションを取り、部下に対して「見守っている」「味方である」という姿勢を見せることが大切です。今回紹介した方法とコツを活かして、ぜひ部下のマネジメントに携わってみてください。




Comments


bottom of page