top of page
アイデンティティー・パートナーズロゴ

仕事で信頼される人が持つ特徴を解説!信頼獲得に必要な行動も紹介



仕事をスムーズに進めていく上で、職場の人との信頼関係は欠かせません。信頼関係を構築できていない職場では、各職員のモチベーションや生産性の低下が起こりえます。


この記事では、仕事で信頼される人の特徴から具体的な行動まで解説します。信頼関係を構築するメリットもあわせて紹介するので、参考にしてみてください。


 

【 目 次 】

 


仕事で信頼される人が持つ特徴



まずは、仕事で信頼される人が持つ特徴を紹介します。


【特徴】

  1. 約束をしっかり守る

  2. ミスを素直に認め改善に向けて取り組める

  3. 主体性を持って行動できる

  4. 誰にでも平等な態度で接する

  5. 成果を出している


上記について、順に解説していきます。



約束をしっかり守る


約束を守るのは、人間関係を作る第一条件。信頼される人は、物事の大小にかかわらず一度約束したことはしっかり守ります。目上の人はもちろん、目下の人が相手であっても等しく約束を守れるかどうかです。



ミスを素直に認め改善に向けて取り組める


信頼される人は自身の立場など関係なく、ミスを素直に認め、改善に向けた対策を取ることができます。


仕事を進めていくなかでは自身の感情や状況などに左右されることなく、物事を冷静に判断し適切な対処をすることが大切です。ミスを素直に認めて善処できる人なら、誰にでも気持ちよくやりとりしてもらえます。



主体性を持って行動できる


日々の業務はもちろん、プロジェクトなどチームで進める仕事も他人任せにすることなく成功に向けて積極的に行動します。


リーダーシップを取ることもできるので、頼りにされやすいです。



誰にでも平等な態度で接する


他者に対して平等な態度で接するのも、信頼される人の特徴のひとつ。相手の立場が上であっても間違いがあれば指摘し、提案や意見なども行えます。状況や立場を見て忖度することがないため、周囲から信頼されやすくなります。



成果を出している


信頼される人は主体性があり、ミスを素直に認めて改善できるので、成長速度も早いです。結果として、行動が成果につながりやすくなります。成果を出すことで信頼を得て、さらに行動がしやすくなるというポジティブな循環を生み出すのです。



【仕事】信頼関係を築くメリット



職場の人と信頼関係を築けると、以下のようなメリットを得られます。


【メリット】

  1. 成果を出しやすくなる

  2. 昇進や昇給を期待できる

  3. 他の人に比べて成長スピードが早い


上記について、順に解説します。



成果を出しやすくなる


職場の人との信頼関係を構築できると、コミュニケーションが取りやすくなり、業務に関する意見交換や悩み相談も気軽に行えるようになります。


目的を明確に意識して行動できるので、生産性が向上して成果を出しやすくなるのです。



昇進・昇給が期待できる


信頼される人は立場や感情に左右されることなく物事を冷静に判断できます。感情的になりやすい人に比べて周囲からも評価されやすいです。適切な判断で成果が出せれば人材としての価値が高まり、昇進や昇給も期待できます。



他の人に比べて成長スピードが早い


信頼関係が成り立っていると、周囲から仕事を任せてもらいやすいです。早い段階からさまざまな仕事に携わる機会を得られるので、経験やスキルも身につきやすくなります。仕事上での成長スピードも上がるでしょう。



仕事で信頼される人になるには?



ここからは、信頼されるために必要な行動を紹介します。信頼を得たいけれど何をすべきか分からない人は、ぜひ参考にしてみてください。



決めたことはしっかりと遂行する


自分でやると決めたことも人と交わした約束も途中で投げ出さずにしっかりとやりとげましょう。約束事の大小にかかわらず、コツコツと積み重ねることで信頼されやすくなります。



周囲の人に関心を持ち積極的にコミュニケーションを取る


周囲からの信頼を得るには、コミュニケーションも重要なポイントです。どんなに誠実でも、よくわからない人を信じることはできません。周囲の人と積極的なコミュニケーションを取り、自分がどんな人なのか伝えていくことが大切です。


誰しも他者から関心を持たれることは、うれしく感じるものです。積極的なコミュニケーションには相手を喜ばせる効果もあります。



自分事として考え誠実に対応する


どのような仕事も自分事として捉え、成功に向けて主体的に行動します。他人任せにしたり、手を抜いたりと真剣さに欠ける態度では信用されません。必要なら惜しみなく、意見や提案をしたり他者のフォローをしたりしてください。



【注意】仕事で信頼を失う人が取りがちな行動3つ



信頼を失う行動も押さえておきましょう。信頼を失う人が取りがちなのは、以下の行動です。


  1. 約束を破る

  2. 引き受ける仕事を選ぶ

  3. 他者の悪口や噂話をする

上記について詳しく解説していきます。



約束を破る


仕事で約束を破ると、相手は何らかの不利益を被ります。信頼を失う人は、こういった想像力が欠けているようです。「万が一、自分ができなくても上司が助けてくれるのではないか」と自分に都合よく結果を考えてしまいます。


楽天的ともいえますが、相手に不利益が生じるのは確実です。相手のことを考えれば、絶対避けねばなりません。



引き受ける仕事を選ぶ


仕事を選ぶ姿勢は頼りにならない印象を与えます。あれこれと言い訳をするのも、聞いていて気持ちのいいものではありません。相手に与える印象は確実に悪くなります。


無理をしてすべての仕事を引き受ける必要はありませんが、できることは引き受けるようにしましょう。



他者の悪口や噂話をする


他人の悪口や噂話をするのも、信頼されない人によくみられる行動のひとつです。ゴシップ的な話は盛り上がるかもしれませんが、一方で「他の場所で自分の悪口も言われているんだろうな」と想像させます。


またその場の感情で話をしてしまうので、自制心の乏しさも感じさせます。信頼を得られないのは当然です。



まとめ


今回は、仕事で信頼される人の特徴から信頼を獲得するための方法まで徹底解説しました。


信頼される人には約束を必ず守り、ミスを素直に認めて改善に向けた行動ができるという特徴があります。


職場の人から信頼を獲得できれば成果を出しやすくなり、結果として昇進や昇給につながるかもしれません。成長スピードも圧倒的に早くなるでしょう。職員全体によい影響を与え、モチベーションや生産性の向上にも寄与できます。


信頼されるためには決めたことを確実に遂行し、どのような仕事も自分事として誠実に対応することが大切です。約束を破ったり他者の噂話をしたりすると、仮に成果を出していたとしても信頼されなくなってしまいます。紹介した内容を参考に、信頼関係を上手に構築して仕事をスムーズに進めましょう。


Komentáře


bottom of page