top of page
アイデンティティー・パートナーズロゴ

若いうちから培いたい「やりきる力」

更新日:2023年10月16日


若いうちから培いたいやりきる力



「わたし・みらい・創造センター(企業教育総合研究所)」

専任講師の齊藤です。


心理学者でペンシルバニア大学教授のアンジェラ・リー・ダックワース氏は、「才能やIQ(知能指数)や学歴ではなく、個人のやりきる力こそが、社会的に成功を収める最も重要な要素である」として「グリット(grit)」理論を提唱しました。


この「グリット(grit)」という言葉、ちょっと前に大変流行しましたのでご存じの方も多いと思います。今回は大人も子供も身に付けたい、むしろ若いうちから培いたい「やりきる力」がどうやって養われるのかについてお伝えします。



 

【 目 次 】

 

やりきる人は影響力を持つ


やりきる人は影響力を持つ

「うちの組織でなにかやろう!となっても結局いつのまにか立ち消えになって決めたことが全うできないことがあるんですよ…」

「せっかく旗振り役を立てても自然消滅…」

企業様からこんなお悩みをいただくことがあります。


実は「やりきる力」は組織への態度に影響を及ぼし、全体的な仕事の成果を上げると言われています。

これは私自身の仮説なのですが、個人の「やりきる力」は基礎的能力・性格的特性によるところもありますが“やりきろうとするその姿勢”が周囲へも大きく波及すると考えています。



認知能力と非認知能力

「認知能力」とは、IQ(知能指数)に代表される、点数で数値化できる知的能力のことです。

対して「非認知能力」とは、忍耐力やリーダーシップのような数値化することが難しい内面的なスキルのことを言います。


やりきる力はこの「非認知能力」に含まれます。


「認知能力」は社会に出るまでの学業で培われるものですが、社会に出てからより必要となるのが「非認知能力」です。人生においてプラスの結果を出すには、どちらもバランスよく備えているのが理想です。



パフォーマンスが上がる仕組み


課題に対するパフォーマンスは、以下の流れで上がっていきます。


  1. 動機付けが

  2. 「認知能力」や「非認知能力」に影響を及ぼし

  3. 課題に対するパフォーマンスを上げる


「何のためにやるか」の動機付けが起点となって、「認知能力」「非認知能力」へ影響し、結果的にパフォーマンスが上がるのです。

出典:Kautz,T.et al.(2014) Fostering and Measuring Skills -OECD Education Working Papers

やりきる力はどうやって培われる?


やり切る力って

一般的にやりきる力を含む「非認知能力」は、幼少期~学童期に育ちやすいと言われています。

  • 遊びながら伸ばせる

  • 子供は新しいことに挑戦し吸収する力が高い

というのが主な理由です。


また「非認知能力」が育つには、他者との関わりがあることが条件です。この点、繰り返し練習したり暗記したりして伸ばせる「認知能力」とは大きく異なります。


子供時代で言えば、自分で工夫して作った作品をお友達と見せ合ったり、他の子のアイデアを取り入れてみたり、意見がぶつかった時には交渉や調整を試みたりと「他者との関わり」の中で学ぶことはじつに多くあるのです。



やりきる力は後天的に身に付けられるか?

答えはもちろん”Yes”です。

やりきる力は後天的に身に付けられます。他者との関わりの中で、

  • いまより少しだけ難しいことにトライする(挑戦する勇気を持つ)

  • 成功体験を積み上げる(“できる”自信をつける)

  • トライする事柄は変更してもよいとする(心に柔軟性を持つ)

  • やりきる力を持つ人と行動を共にしてみる(真似る・吸収する)

  • 短期だけでなく長期の目標を視野に入れる(長期目標を立てる)

ことでやりきる力が育ちます。


周囲の人の影響もある

またやりきる力の発揮には、応援してくれる家族や仲間の存在も大きいものです。

周囲の人から


「あなたならできる!」

「やれるよ!」


と言われ続けるとそのような暗示にかかり自分が思った以上にものごとを進めることができるといいます。

もちろん自分でも「できる!」「やれる!」と思うことでエンジンが動き出します。



まとめ

私自身、やりきる力を発揮しているときの状態は、動機や目標が明確で、やりきった後の自己イメージが見えており、それを得たいという強い欲求があるときです。もちろん、「ぜったいできる」と思い込むこともとても大事。

…皆さんはいかがでしょうか。


私共では、新入社員の頃からこの「やりきる力」を培うために、一般的な新入社員研修(社会人としてのルール・マナーやビジネススキル醸成)を活かす実践的プログラムをご用意しています。


教えないから、伸びる!!教えない新人研修 『業務実践研修』


ビジネスマナーをはじめとした「一般スキル」を “知っている状態”から“出来る状態”に 昇華させていく、実践演習型研修。講師は、「指摘はします」が、「教えません」。 受講者自らが実践→失敗する→乗り越える→身につく、を体感します。


まさに、一連の実践を通じて「やりきる力」を醸成する研修です。

ご興味・ご関心がございましたら、ぜひお声がけください。


<リーフレットURL>



 

▼この記事を書いた人

齊藤 理美(さいとう まさみ)

「わたし・みらい・創造センター(企業教育総合研究所)」専任講師&コーチ


Comments


bottom of page