top of page
アイデンティティー・パートナーズロゴ

ビジネスコーチングの重要性と基本スキル


自己認識の差で職場の働き方が変わる

こんにちは!

「わたし・みらい・創造センター

(企業教育総合研究所)」の佐藤(さとう)です。


ビジネスコーチングは現代のビジネスシーンにおいて、個人や組織の成長や目標達成を促進するための重要なツールとして位置づけられています。企業経営の要点は人、モノ、カネのバランスといえますが、人は組織の中心に位置づけられ、本人のモチベーションやスキルが成功に影響します。それゆえ、今や多くのビジネスパーソンが観察・傾聴・承認といったビジネスコーチングの基本スキルを磨くことを意識し始めています。これらのスキルは組織の目標達成に対して直接的な影響を持つ要素となります。



 

【 目 次 】

 

ビジネスコーチングの三つの基本スキル

 ビジネスコーチングにおいて、観察や傾聴、そして承認といったスキルは非常に重要です。これらの要素を組み合わすことにより相手との信頼関係を構築し、効果的なコーチングプロセスを促進します。


観察力

 まず、観察力はビジネスコーチにとって不可欠な基本スキルです。柔軟な関与を可能にする観察力は、コーチングの成果に直結します。高い観察力を持つことでクライアントのニーズや課題を正確に把握し、効果的なコーチングプランを構築できます。これが実現すれば、組織の課題に対する的確なアプローチが可能となります。

傾聴力

 次に、傾聴力も極めて重要なスキルです。相手の真意を見抜き非言語的なサインを読み取る能力は、相手の深層心理や感情にアプローチする手段となります。真摯な傾聴は、相手が気づいていない潜在的な問題や感情にアクセスするのに役立ちます。真摯な傾聴はコーチングプロセスを効果的に進める手助けとなり、これにより組織内のコミュニケーションは改善され、業務効率向上に寄与することでしょう。

承認力

 そして、承認のスキルはビジネスコーチにとって欠かせません。相手に確実に伝わる承認の方法を理解し、実践することで信頼関係を築くことが可能です。これが成功すれば相手のモチベーションが向上し、目標に向けた前進力となります。自らがポジティブなフィードバックを行うことができるようになると相手の強みも認識できるようになります。

 

 これらの三つの基本スキルは相互に補完し合い、総合的なアプローチを形成します。

観察力が的確な課題把握に寄与、傾聴力は相手の深層心理や感情にアプローチする手段、承認のスキルが信頼関係を築き上げ、最終的にポジティブな変化を促進します。聴く人の質問によって語る人から引き出せる中身が変わります。聴くという行動は受動的なように思えますが、そこに葛藤や忍耐という戦いがあり簡単ではありません。、しかしビジネスコーチングのスキルが身に付けば組織内の協力関係が強化されます。


ビジネスコーチングの組織への影響

   総じて、ビジネスコーチングは組織や個人に対する多岐にわたる好影響をもたらす可能性があります。三つの基本スキルの向上と適切な展開によって、コーチングは組織のコミュニケーション、リーダーシップ、個人の成長を推進し、目標達成に寄与するでしょう。その結果、ビジネスコーチングは組織の持続的な成功において不可欠な要素となるでしょう。

 

 わたし・みらい・創造センターでは、対話の研究を進め、「自己との対話」「他者との対話」「社会との対話」を軸にした人材開発、組織開発のサービスを提供することで、企業の中で働く人々の、創造的な活動と相互理解を促進させていきます。



本日は「わたし・みらい・創造センター(企業教育総合研究所)」の佐藤(さとう)が担当いたしました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。



 

▼この記事を書いた人

佐藤 純子(さとう じゅんこ)

「わたし・みらい・創造センター(企業教育総合研究所)」センター長

Comments


bottom of page