top of page
アイデンティティー・パートナーズロゴ

組織開発とは?活用できる5つのフレームワークと手法を紹介


自己認識の差で職場の働き方が変わる

「組織開発」は企業を成長・発展させる有効な手段の一つです。職場の「人間関係」に焦点を当て良好な関係性構築に向けたアプローチをすることで、組織全体が活性化すると考えられています。しかし具体的にどのように進めたらいいのかイメージはつきにくいかもしれません。

そこで今回は、組織開発導入の際に最適なフレームワーク・手法を徹底解説します。あなたの組織に合うのはどの手法か、考えながら読んでみてください。今後の組織開発の進め方のヒントになるはずです。


 

【 目 次 】

 

組織開発とは?


組織開発とは、簡単に言うと「よりよい組織づくりをすること」で、職場の人間関係に焦点を当てて働きかけを行うのが特徴です。組織が活性化されることで、職員全体のパフォーマンス向上につながります。

組織開発が注目されている主な背景として、年功序列や終身雇用の崩壊により働き方の多様化が進んでいる点が挙げられます。実際、スキルアップしてより良い会社への転職を目指す人も多く、従来型の組織では中長期的な人材確保が難しくなってきているようです。この打開策になるのが組織開発です。



目的

組織開発を行う目的は主に2つです。


  • 集団でいることでの相乗効果が生まれる風土作り

  • 職員同士の良好な人間関係構築による生産性向上


個々のスキルや知識が向上してもメンバーが単独で行動し集団での相乗効果が生まれていないのであれば意味がありません。集団でいることがプラスに働く企業風土の形成、職場内の良好な人間関係の構築により、生産性向上やイノベーションの生成を期待できる組織作りを目指します。


人材開発との違い

人材開発も組織開発と同様に「人」に焦点を当ててアプローチをします。ただ、人材開発の主な領域は「個人」の技術や知識向上です。社内研修やOJT研修などを導入し、個々のパフォーマンス向上を図ります。

組織開発は職員同士の関係性にフォーカスし、個々がパフォーマンスを発揮しながら協力し合える職場作りをします。ここが人材開発との違いです。





組織開発に活用できるフレームワークや手法


組織開発には便利なフレームワーク・手法がいくつか存在します。代表的なものを以下に挙げます。


OKR(Objectives and Key Results)

目標管理の手法のひとつです。「最終目標」と、達成につながる「成果目標」を企業・チーム・個人で作成しリンクさせることで、組織全体が同じ目標達成に向けた取り組みを計画的に進められるようになります。すでに大手企業でも導入が進められている手法です。



コーチング

コーチングとは、本人の思いに耳を傾け質問や提案をしながら会話を進めていく目標達成の手法です。本人の発言に対して質問・提案をすることで考え方や選択肢の幅が広がり、より効果的な解決につなげられるとされています。


本人の中に答えを出せる力があると信じているため、ティーチングと違って「こうすればよい」といった明確な答えは与えません。会話を通して得た気づきを活かして自分なりに最良の答えを出す。これを繰り返し行うことで一人で課題が解決できるよう促します。



ワールドカフェ

カフェのようにリラックスできる雰囲気の中で行うミーティングを指す言葉です。


組織の成長に有用なアイデアは誰が持っているかわかりません。できる限り多くの人に忌憚なく話してもらえれば、いいアイデアに巡り会う可能性が高まります。


自由に意見やアイデアを出し合えるような雰囲気を作るため、会議に参加するメンバーを少人数のグループに分けたり、メンバーを時間でシャッフルしたりするとよいでしょう。



AI(Appreciative Inquiry)

Appreciativeは人や組織の価値を認めること、Inquiryは質問する・問いかけるという意味。つまりAIはよいところを見つける質問をして、人や組織の価値を探求する問題解決の手法です。将来なりたい姿を質問により描き出し、そこへ向けて全員が納得できるアクションプランを作成します。


ポジティブな部分にフォーカスして人を育てるため、組織風土もポジティブに変わっていきます。問いかけが人を元気にし、自信を作り上げ、もっとチャレンジしたい気持ちにさせる手法です。



ミッション・ビジョン・バリュー

ミッション(組織としての存在意義)・ビジョン(目指す姿)・バリュー(価値観・行動指針)という企業理念を構築する3要素を明確にするためのフレームワークです。ミッション・ビジョン・バリューを明確に掲げれば、社員の帰属意識を高めたり行動の選択をしやすくしたりすることが期待できます。


組織全体に浸透させることで社員も同じ方向を向いて取り組みやすくなり、組織開発を進めやすくなります。



組織開発を実践する際の手順


組織開発を実践する際の手順は、以下の通りです。


  1. 組織の目的を明確化する

  2. 現状から課題を見つけ出す

  3. 課題を設定しアクションプランを立てる

  4. 効果の検証を行う

  5. 成功事例を他部署にも共有し組織全体の改善につなげる


まずは組織としての目的を明確にしましょう。企業理念をもとに、どのような組織・チームを目指すのか考えます。目的が明確になったら、現時点で不足している部分の把握に移ります。社員にアンケートやヒアリングを行い、組織にある課題を洗い出しましょう。


課題の中から最も優先して取り組むべきものを設定し、解決に向けたアクションプランを設計します。課題解決に向け、日頃の業務にアクションプランの計画を取り入れます。このとき、組織全体で行うのではなくまずは1つのチームなどに限定して行うとよいです。


どんな内容が効果的なのかは実践してみないとわからないため、効果の検証と実践を繰り返します。成功事例が出たら、他のチームや部署などに展開して組織全体がより良い状態となるようにしましょう。



まとめ


今回は組織開発に利用できるフレームワーク・手法について解説しました。組織開発を行えば、生産性の向上はもちろん、離職率の抑制やイノベーションの誕生も期待できます。個別の課題に目が行きがちですが、長期的な視点で全体を見て関係性から組織を変えていくアプローチも進めていきましょう。

Comments


bottom of page